利用規約

MEZZOFORTE利用規約

 
 
MZF(以下「弊社」といいます)は、MEZZOFORTEブランドで展開をしているWEBサイト制作事業(以下「本サービス」といいます)の利用規約(以下「本規約」といいます)を以下の通り定めます。

第1条 適用範囲

本規約は、弊社と本サービス利用者との間に生ずる一切の関係に適用されるものとします。弊社および利用者は、本規約に定める義務を負います。なお利用者は、本規定の内容を十分理解した上で、自らの判断と責任において本サービスを利用することに同意することとします。

第2条 対象者

本規約に同意し、弊社の所定の手続きを経て申込みが完了した個人または法人(以下「利用者」といいます)を対象とします。

第3条 サービスの構成

本サービスは、以下のサービスより成る複数のプランによって構成されます。
なお、弊社は利用者の承諾無しにサービスの追加ができるものとします。また、弊社は弊社サイトで通知することにより、サービス内容の変更をできるものとします。
WEBサイト制作サービス
WEBサイト保守サービス
ドメイン取得・更新代行サービス
SSL(セキュアソケットレイヤー)取得・更新代行サービス
CGI(コモンゲートウェイインターフェイス)設置代行サービス
DNS(ドメインネームサーバー)設定代行サービス
SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)対策サービス
その他のサービス

第4条 申込方法

インターネットサイト「MEZZOFORTE」内のショッピングカート又はメールフォームからのお申込み。
電子メールでのお申込み。
その他弊社が了承した方法によるお申込み。

第5条 契約の成立

本規約に同意し弊社の所定の手続きを経て利用者の契約の意思が確認できた時点で、契約は成立します。
なお、電子消費者契約法4条により、弊社より利用者に申込内容の確認の電子メールを送信し、利用者の受信サーバーに到達した時点を以って契約が成立したものとします。

第6条 業務の範囲

< WEBサイト制作サービス>
HTML,WordPress、WordPressプラグイン及びデータベースその他の素材を組み合わせてWEBサイトのデータを制作し納品するまで。
< WEBサイト保守サービス>
利用者の申込内容により、ドメイン等の取得を行いWEBサイトのデータをウェブサーバー上にアップロードし、WEBサイトの内容の更新を行う。
WordPress,WordPressプラグインの更新を行う。
ドメイン,SSLの取得・更新・設定、DNS設定、SEO設定を行う。
< ドメイン取得・更新代行サービス>
本サービス利用者の代わりにドメインを取得し、また、同ドメインを利用者の代わりに更新代行するサービス、及び、他社契約の持ち込みドメインの利用やドメイン移管を行う。
< SSL(セキュアソケットレイヤー)取得・更新代行サービス>
本サービス利用者の代わりにSSLを取得し、また、同SSLを利用者の代わりに更新代行する。
< CGI(コモンゲートウェイインターフェイス)設置代行サービス>
本サービス利用者の代わりにCGIの設置を代行する。
< DNS(ドメインネームサーバー)設定代行サービス>
本サービス利用者の代わりにDNSの設定を代行する。
< SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)対策サービス>
本サービス利用者の代わりにSEO対策を代行する。
<その他のサービス>
本サービス利用者の代わりに各種設定、設置、更新等を行う。

第7条 利用料金の対象期間と締め日

料金の締め日は毎月末日です。
保守サービスについては、月内のどのタイミングでお申込みになられても日割り計算は行いません。

第8条 利用料金額

見積り金額を記載した電子メール又は見積書に記載しています。

第9条 料金支払方法

WEBサイト制作サービス
銀行振り込み
PayPal
WEBサイト保守サービス
銀行振り込み
PayPal
銀行口座自動引き落とし(利用者、収納代行業者、弊社との契約が締結されるまでの間は、他の方法でのご請求となります。)
その他のサービス
銀行振り込み
PayPal

第10条 料金支払回数

WEBサイト制作サービスについてはオンラインショップからのお申込み時には購入時に全額一括清算とし、オンラインショップ以外での契約時には見積り金額の50パーセント相当額を、完成時に残りの50パーセントをそれぞれ支払うものとします。
WEBサイト保守サービスについては1回払いのみとさせていただきます。
分割払いをご希望の場合にはPayPalにてクレジットカード払いをしていただき、利用者のご利用のカード会社にて分割払いやリボ払い等を選択していただく事で可能となりますが、弊社では利用者のご契約のカード会社で分割払い又はリボ払いが使用可能かどうかの保証は致しかねますので、弊社のサービスをご購入・ご利用の前に事前にご利用のカード会社へお問い合わせください。
なお、弊社にお申し込み後にご利用のカード会社にて分割払いやリボ払いが使用できない事が発覚し、弊社との契約を取りやめる場合につきましても、弊社所定の「利用者による制作物納品完了前の契約の解除」の項に記載の料金を請求させていただきます。

第11条 利用料金以外に必要な金額

利用料金支払い時の振り込み手数料
自動口座引き落としを選択時は弊社所定の手数料を申し受けます。
弊社への通信に必要な設備、通信費等

第12条 料金支払時期

WEBサイト制作サービスについてはオンラインショップからのお申込み時には購入時に全額一括清算とし、オンラインショップ以外での契約時には見積り金額の50パーセント相当額を、完成時に残りの50パーセントをそれぞれ支払うものとします。
WEBサイト保守サービスについてはオンラインショップからのお申込み時には前払いとします。
その他のサービスにつきましては全額前払いとします。
ただし、見積り電子メール・見積書に別途期日や条件が記載されている場合は見積りに記載さてれいる期日や条件を優先するものとします。

第13条 外部サービスのご利用料金について

外部サービスの業者の規約に基づいて速やかに支払いを完了するものとします。

第14条 延滞手数料

契約の更新時、利用者は弊社の定める期日までに各種料金を支払うものとします。
期日までの入金が確認できない場合は、以下の延滞手数料が発生することとし、支払われなければ契約の更新はできません。また延滞手数料が発生しているにも関わらず、それに満たない料金のみ支払われ、結果解約に至った場合は既に受領した料金の返還は一切おこなわれないものとします。
支払期限以降から契約の期限(既契約の満了日)までに支払う場合は1,000円及び消費税の手数料発生
契約の期限切れ以降に支払う場合は年利14パーセントの手数料発生
アカウント削除以降に支払う場合はアカウント回復及びデータの復旧と設定に関わる手数料発生
金額については個別にお見積りとさせていただきます。

第15条 余分な支払いの際の取扱い

弊社が指定した料金を上回る金額を利用者が余分に支払われた場合、もしくは、請求していないのに振込み手続きをされた場合は、支払われてから、一週間以内にその旨ご連絡いただかないと、返金には一切応じられません。また、次回請求分にまわすこともできません。
余分な支払い分については、一週間以内に利用者がその旨を弊社に連絡するものとし、連絡がない場合、余分な支払い分すべては、弊社運営経費に利用されるものとし、利用者はそれを受け入れるものとする。

第16条 利用料金額の変更

消費税増税時についてはすでに支払い済みの利用料金がある場合には、新料金額へ引き当てるものとします。
保守サービスのご利用料金等については、消費税増税以降のご利用料金を新しい税額を反映した料金額へと変更し請求をさせていただきます。
その他、既にご契約済みのサービス以外のサービスの料金については、弊社によって随時変更ができるものとします。

第17条 返金について

お支払済みのご利用料金につきましては、如何なる理由がありましても返金はいたしかねます。

第18条 見積書の発行について

原則として書面での発行はいたしません。
書面での発行をご希望の場合には弊社指定の手数料を申し受けます。
なお、いかなる理由がありましても帳票の再発行は行いません。

第19条 請求書の発行について

原則として書面での発行はいたしません。
書面での発行をご希望の場合には弊社指定の手数料を申し受けます。
なお、いかなる理由がありましても帳票の再発行は行いません。

第20条 納品書の発行について

発行はいたしません。

第21条 領収書の発行について

原則として書面での発行はいたしません。
銀行振り込みでのお支払の場合は各銀行の取引明細等をご利用下さい。
PayPalでお支払の場合はPayPalから送られて来る領収メールやクレジットカードの利用明細をご利用下さい。
書面での発行をご希望の場合には弊社指定の手数料を申し受けます。
なお、いかなる理由がありましても帳票の再発行は行いません。

第22条 契約書の発行について

原則として書面での発行はいたしません。
電子メールによる利用申し込みにより売買契約が成立しますので、取引の際の電子メールを契約内容を証明する書類としてご利用下さい。

第23条 通知方法

ご利用者と弊社との間の通知につきましては、電子メールを使用するものとします。
サービスについての一般的な内容の周知につきましては、弊社ウィブサイトへ記載するものとします。

第24条 制作に必要なデータの提出について

利用者はWEBサイトに必要な画像データ,テキスト,資料等を契約後1週間以内に提出するものとします。
また、追加資料が必要な場合はその都度速やかに提出するものとします。
なお、提出していただいた資料は原則として返却は行いません。

第25条 制作物納品方法

WEBサイト制作サービスについては制作したWEBサイトのデータを電子メールへの添付として利用者へ送信する事により納品、又は、CD-R等へ記録し、郵送により納品とします。

第26条 制作物納品完了扱いについて

WEBサイト制作サービスにおいて利用者より画像データ等の提出が遅れた事により完成が遅れた場合には、弊社での制作過程がおおむね終了し、利用者からのデータ等の提出待ちとなった時点で完成扱いとさせていただきます。

第27条 制作物受領の定義

WEBサイト制作サービスについては、制作したWEBサイトのデータを電子メールへの添付として利用者へ送信する事により納品、又は、CD-R等へ記録し、郵送により納品し、利用者より2日以内に修正等の連絡が無かった事を以って受領されたものとします。
WEBサイト保守サービスによっては、WEBサイト上に更新された内容がアップロードされてから2日以内に修正等の連絡が無かった事を以って受領されたものとします。

第28条 制作物の著作権

制作物の著作権は基本的に利用者の権利となりますが、テンプレートデータはテンプレート配布元の権利となり、ご提出されたデータ等に別途著作権が設定されている場合には、データ元に著作権があります。
またWordPress,WordPressプラグイン等には供給元に著作権があります。

第29条 制作物の修正回数

WEBサイト制作サービスに於いては同一箇所につき3回まで、WEBサイト保守サービスに於いては同一箇所につき2回/月まで無償で修正を行います。
無償回数を超えた修正につきましては有償となります。

第30条 制作物の保証範囲

制作物の完成時点での動作を保証します。
完成時点以降の不具合については保証外とさせていただきます。

第31条 提供していただいたデータをめぐっての第三者との紛争について

利用者と第三者との紛争が発生した場合には利用者ご自身が責任を持って解決を図るものとします。
弊社は利用者と第三者との紛争に一切関知致しません。

第32条 契約期間

WEBサイト保守サービスは一か月単位のご契約とし、ご利用者または弊社から解約の意思が示されない場合には当月又は利用料金をお支払い済みの期間まで更新されるものとします。
保守サービスの契約期間につきましては、月の途中からのお申込みであっても日割り契約とは致しません。
外部サービスについては外部サービスの利用規約によります。

第33条 契約の更新時期

WEBサイト保守サービスは契約期間満了までとします。
外部サービスについては外部サービスの利用規約によります。

第34条 契約の更新方法

WEBサイト保守サービスは月末日までに利用者から弊社への契約解除希望の意思が通知されない場合、契約が自動更新されるものとします。
外部サービスについては外部サービスの利用規約によります。

第35条 利用者による制作物納品完了前の契約の解除

利用者は弊社に申し出を行う事により、制作物納品完了前の契約の仮解除を行う事ができるものとします。
弊社は利用者に対して、ウェブサーバーやドメイン等の手配にかかった費用や制作物の制作割合に基づいた合理的な制作代金を請求する事ができるものとします。
利用者は一週間以内に全額を完済するものとし、弊社にて全額完済を確認後、正式に解約手続きが完了するものとします。

第36条 利用者による制作物納品完了後の契約の解除

利用者は弊社に申し出を行う事により、制作物納品完了後の契約の解除を行う事ができるものとします。
WEBサイト保守サービスに於いては解約希望日の属する月末日を以って解約とさせていただきます。
利用者が月内の任意の時点でご利用を停止された場合につきましても、月末日までの利用料金を請求させていただきます。
WEBサイト保守サービス以外のサービスに於いては、解約希望日又はサービス解約可能最短日を以って解約とさせていただきます。

第37条 利用者による制作物納品完了後の契約の解除時のWEBサイトデータの引き渡しについて

WEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトをホスティングしていた場合については、解約時点でのWEBサイトのデータ,データベースのデータを弊社所定の方法にて利用者へ引き渡しを行います。

第38条 利用者による制作物納品完了後の契約の解除時のドメイン等の引き渡しについて

契約解除時にドメインの有効期限が一か月間以上残っている場合、利用者が利用者のドメインレジストラ情報を弊社に連絡する事により、ドメイン移管又はドメインレジストラ内でのドメイン譲渡手続きを行い利用者にドメインを引き渡します。
契約解除時にドメインの有効期限が一か月間以上残っていない場合、弊社にてドメインの有効期間を一年間延長を行い、レジストラの移管禁止期間終了後に利用者が利用者のドメインレジストラ情報を弊社に連絡する事により、ドメイン移管又はドメインレジストラ内でのドメイン譲渡手続きを行い利用者にドメインを引き渡します。
なお、いずれの場合につきましてもドメインの有効期間の延長、ドメイン移管やドメイン譲渡手続きの際にドメイン事業者に支払うべき費用が発生した場合には利用者が全額負担するものとします。
利用者がドメインのトランスファーインに対応していないドメインレジストラを希望される場合には手続きを行う事ができませんので、ドメインは廃止とさせていただきます。
引き渡し対象のドメインがドメインの移管に対応していないドメインの場合には手続きを行う事ができませんので、ドメインは廃止とさせていただきます。
利用者が弊社との契約解除後一週間以内に利用者のドメインレジストラ情報を弊社に連絡を行わない場合には該当のドメインについては放棄した物と判断させていただきます。

第39条 弊社による契約の解除

弊社は「サービスの提供の中止」の事項又は「事業の継承・譲渡・廃止」の事項に該当する場合、あるいは利用者が「禁止事項」の内容に抵触した場合には弊社と利用者との契約を解除できるものとします。
WEBサイト保守サービスに於いては解約希望日の属する月末日を以って解約とさせていただきます。
利用者が月内の任意の時点でご利用を停止された場合につきましても、月末日までの利用料金を請求させていただきます。
WEBサイト保守サービス以外のサービスに於いては、解約希望日又はサービス解約可能最短日を以って解約とさせていただきます。

第40条 弊社による契約の解除時のWEBサイトデータ,ドメイン等の引き渡しについて

WEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトをホスティングしていた場合については、解約時点でのWEBサイトのデータ,データベースのデータを弊社所定の方法にて利用者へ引き渡しを行います。
契約解除時にドメインの有効期限が一か月間以上残っている場合、利用者が利用者のドメインレジストラ情報を弊社に連絡する事により、ドメイン移管又はドメインレジストラ内でのドメイン譲渡手続きを行い利用者にドメインを引き渡します。
契約解除時にドメインの有効期限が一か月間以上残っていない場合、弊社にてドメインの有効期間を一年間延長を行い、レジストラの移管禁止期間終了後に利用者が利用者のドメインレジストラ情報を弊社に連絡する事により、ドメイン移管又はドメインレジストラ内でのドメイン譲渡手続きを行い利用者にドメインを引き渡します。
なお、いずれの場合につきましてもドメインの有効期間の延長、ドメイン移管やドメイン譲渡手続きの際にドメイン事業者に支払うべき費用が発生した場合には利用者が全額負担するものとします。
ただし、弊社の都合により契約を解除する場合には、ドメインの有効期間の延長、ドメイン移管やドメイン譲渡手続きの際にドメイン事業者に支払うべき費用が発生した場合には弊社が全額負担するものとします。
利用者がドメインのトランスファーインに対応していないドメインレジストラを希望される場合には手続きを行う事ができませんので、ドメインは廃止とさせていただきます。
引き渡し対象のドメインがドメインの移管に対応していないドメインの場合には手続きを行う事ができませんので、ドメインは廃止とさせていただきます。
利用者が弊社との契約解除後一週間以内に利用者のドメインレジストラ情報を弊社に連絡を行わない場合には該当のドメインについては放棄した物と判断させていただきます。
なお、弊社の運営者の死亡・意識喪失・失踪・疾病・その他諸事情によりドメインの引き渡しを行う事が出来ない場合には利用者は該当のドメインについて放棄をするものとし、事前承認するものとします。

第41条 廃止・放棄ドメインの取扱い

利用者により廃止・放棄又は弊社により廃止したドメインについては、利用者が弊社との契約を解除した後は弊社において自由に再利用できるものとします。
弊社において再利用を開始したドメインについて、弊社との契約解除後に弊社は利用者に該当のドメインに関する各種費用を請求する事はありません。

第42条 WEBサイト上の注意事項について

弊社WEBサイト上の注意事項については、当利用規約に準じる効力があるものとします。
利用者は常に弊社WEBサイト上の注意事項を確認・遵守するものとします。
なお、弊社WEBサイト上の注意事項と当利用規約に於いて記載事項に矛盾がある場合には、当利用規約の記載を優先的に適用するものとします。

第43条 WEBサイト制作サービス免責事項

利用者のWEBサイトに記載するテキストや画像等のデータについて、誤記載・誤掲載の無きように慎重に記載を行いますが、万が一誤記載・誤掲載があった場合、弊社は該当の記載を無償にて速やかに修正するものとし、弊社はそれ以上の責任を負わないものとさせていただきます。
WEBサイト制作過程に於いて制作・修正作業を行う際に、テンプレートの仕様上の制約やその他の理由等により利用者の要望通りの仕様には仕上がらない事があります。
利用者はこの事を受け入れるものとし、利用者の要望通りの仕様には仕上がらない場合について免責とさせていただきます。

第44条 WEBサイト保守サービス免責事項

利用者のWEBサイトに記載するテキスト画像等のデータについて、誤記載・誤掲載の無きように慎重に記載を行いますが、万が一誤記載・誤掲載があった場合、弊社は該当の記載を無償にて速やかに修正するものとし、弊社はそれ以上の責任を負わないものとさせていただきます。
WEBサイト制作過程に於いて制作・修正作業を行う際に、テンプレートの仕様上の制約やその他の理由等により利用者の要望通りの仕様には仕上がらない事があります。
利用者はこの事を受け入れるものとし、利用者の要望通りの仕様には仕上がらない場合について免責とさせていただきます。

第45条 ドメイン取得・更新代行サービス免責事項

ドメインの取得・更新を行うために、利用者の個人情報を利用者に代わりサービスを提供している外部業者に登録を行う事について、利用者は事前承認するものとします。
外部業者に登録する情報のうち、弊社が外部業者と弊社との連絡時や手続きの際に必要と判断した場合には外部業者に登録されて利用者の情報の一部又は全部を弊社の裁量により変更や削除を自由に行えるものとします。
外部業者のサービスの登録時や更新時に利用者に書面の提出を求める場合があります。
利用者は登録や更新に必要な情報や書面を、サービスの登録や更新に影響が出ないように遅延無く提出するものとします。
ドメインの登録業者(レジストラ)は弊社の裁量により、自由に選択・変更が行えるものとします。
ドメインの別レジストラへの移管時及び同一レジストラ内の登録者間の移管手続きに於いて、移管が正常に完了しない場合は、移管が成功するように再度試みますが、移管が再度成功しなかった場合でも、弊社に重大な瑕疵のあった場合を除き、弊社は責任は負わないものとします。
ドメインの更新時に於いて更新手続きの不備により、万が一当該ドメインを失効してしまった場合、弊社に重大な瑕疵のあった場合を除き、弊社は責任を負わないものとします。

第46条 SSL(セキュアソケットレイヤー)取得・更新代行サービス免責事項

SSL等の外部業者のサービスについては、外部業者の都合によりサービスの変更や終了等のため、利用者が弊社と契約した時点で選択したサービスを更新できない場合があります。
弊社では代替サービスを利用者に提案させていただきますが、サービス変更に伴い外部業者サービスの購入費用や弊社の設定手数料が新たに発生する場合がございます。
利用者が外部サービスの更新を希望をされる場合には、サービスを更新に関わる費用を弊社所定の手続きにより支払うものとします。
なお、利用者が弊社と契約した時点で選択したサービスを更新できない事により発生した損害につきましては、弊社では一切責任を負いません。

第47条 CGI(コモンゲートウェイインターフェイス)設置代行サービス免責事項

弊社又は利用者の希望によりCGIを設定する場合、サーバーのリソースに著しい負荷がかかっていると判断した場合には、弊社により随時停止・削除を行えるものとします。
サーバーの負荷判定は弊社の裁量にて判断できるものとします。
当該CGIを停止・削除した事による損害について、弊社は責任を負わないものとします。

第48条 SEO(サーチエンジンオプティマイゼーション)対策サービス免責事項

サーチエンジンの仕様やポリシーは随時変更がされるため、弊社のサービスに於いて施した施策が将来に渡り有効であると保証致しかねます。
弊社のサービスに於いて施した施策の有効性は、施策を施した時点に於いても一切保証致しかねます。
サーチエンジンの検索順位について一切保証致しかねます。

第49条 ウェブサーバーアップタイム免責事項

WEBサイト保守サービスに於いて弊社契約のウェブサーバー上にて利用者のWEBサイトを運用中にウェブサーバーの閲覧不能(ダウン)が発生した場合、以下の通り補償を行うものとします。
連続24時間以内のダウンにつきましては、補償対象外
連続24時間以上48時間未満のダウンにつきましては、日割り計算で2日分のご利用料金を補償
連続48時間以上のダウンにつきましては、日割り計算で3日分を上限として補償
閲覧がしずらい状況であってもサーバーが完全にダウンしていない場合は補償対象外とします。

第50条 ネームサーバー及びDNS設定免責事項

弊社は弊社の裁量により、自由にネームサーバー及びDNSの事業者を選定できるものとします。
弊社は弊社の裁量により、自由にネームサーバー及びDNSの設定を変更・編集・削除できるものとします。
弊社はネームサーバー及びDNS設定の変更時のDNS浸透期間(プロパゲーション)に於いて、利用者のWEBサイトが接続が不安定となった場合や閲覧が不能となった場合、プロパゲーションを回避する事は不可能であり、不可抗力による事象であるので補償対象外とさせていただきます。

第51条 その他のサービス免責事項

外部事業者の利用規約の変更や価格変更等で利用者がやむを得ず被ってしまった不利益に関しましては、弊社としても不可抗力となる為に免責とさせていただきます。

第52条 WordPressの取扱い権限

WEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトのWordPressについては弊社のみが操作を行えるものとし、利用者は操作を行わないものとしますが、利用者が操作を希望する場合は、弊社に申し出を行う事により操作を行えるものとします。
ただし、利用者の操作によりWEBサイトのデータや設定を修正をしなければならなくなった場合には、WEBサイト保守サービスの契約の有無に関わらず有償での対応となります。
利用者は当該WordPressのID,パスワードを自己の責任に於いて厳重に管理するものとします。
WEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトのWordPressについて、機能の維持・向上やセキュリティの対策として弊社が必要と判断した場合には、弊社は利用者に事前承認を得る事なく自由にプラグインの追加・削除及び各種設定の変更・追加・削除等を行う事ができるものとします。

第53条 ウェブサーバーの取扱い

WEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトをホスティングするウェブサーバーは弊社の裁量に於いて自由に選択できるものとします。
また、ウェブサーバーのコントロールパネルのID,パスワードは弊社が管理するものとし、利用者はウェブサーバーの操作を行えない事を事前承認するものとします。
弊社はWEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトをホスティングするウェブサーバーの名称・仕様その他詳細を開示する義務を負いません。
WEBサイト保守サービスに於いて利用者のWEBサイトをホスティングするウェブサーバーについて、機能の維持・向上やセキュリティの対策として弊社が必要と判断した場合には、弊社は利用者に事前承認を得る事なく自由にウェブサーバーの移動・変更及び各種設定の変更・追加・削除等を行う事ができるものとします。

第54条 ドメイン関連、SSL等の取扱い

ドメインの取得・更新やSSLの取得・更新を行うために、利用者の個人情報を利用者に代わりサービスを提供している外部業者に登録を行う事について、利用者は事前承認するものとします。
外部業者に登録する情報のうち、弊社が外部業者と弊社との連絡時や手続きの際に必要と判断した場合には外部業者に登録されて利用者の情報の一部又は全部を弊社の裁量により変更や削除を自由に行えるものとします。
外部業者のサービスの登録時や更新時に利用者に書面の提出を求める場合があります。
利用者は登録や更新に必要な情報や書面を、サービスの登録や更新に影響が出ないように遅延無く提出するものとします。

第55条 ドメインの持ち込みについて

利用者で管理をされているドメインの持ち込みを希望される場合は、ドメインの管理・更新及びネームサーバー,DNSの設定は利用者自身によって行うものとします。

第56条 SSLの持ち込みについて

利用者で管理をされているSSLの持ち込みを希望される場合は、SSLの管理・更新は利用者自身によって行うものとし、SSLの設定に必要な情報を弊社に届け出るものとします。
SSLの種類によっては持ち込みが出来ない場合があります。

第57条 セット販売品について

弊社にて取り扱う商品のうち複数の商品やサービスをセットにして販売をしている商品につきましては、セット内容のうちの一部の商品をご利用になられなくても値引き等は行う事は致しかねます。

第58条 Whois情報の取扱いについて

弊社が弊社の選定したドメインレジストラに於いて利用者のドメインを管理する場合にはWhois情報を自由に設定・変更・削除できるものとします。
Whois情報には利用者の情報を登録し、WEBサイト上で誰でも閲覧できる状態になりますが、利用者はこれを事前承認するものとします。
ドメインレジストラによってはWhois情報をドメインレジストラの情報に書き換えて利用者の情報を非表示とするサービスがありますが、弊社の裁量に於いてこのサービスを利用する事を利用者は事前承認するものとします。
ドメイン所有権の確認等の手続きを弊社が利用者に代行する事を目的として、Whios情報に登録する電子メールアドレスを弊社の情報とする場合がありますが、この事を利用者は事前承認するものとします。

第59条 ドメイン関連等の取扱いに関しての免責事項

ドメイン等の外部業者のサービスについては、外部業者の都合によりサービスの変更や終了等のため、利用者が弊社と契約した時点で選択したサービスを更新できない場合があります。
弊社では代替サービスを利用者に提案させていただきますが、サービス変更に伴い外部業者サービスの購入費用や弊社の設定手数料が新たに発生する場合がございます。
利用者が外部サービスの更新を希望をされる場合には、サービスを更新に関わる費用を弊社所定の手続きにより支払うものとします。
なお、利用者が弊社と契約した時点で選択したサービスを更新できない事により発生した損害につきましては、弊社では一切責任を負いません。

第60条 WEBサイトデータ,データベースのバックアップについて

WEBサイト保守サービス中に於きましては、WEBサイトのデータ,データベースについては弊社にて保守に努めます。
ただし、弊社に重大な瑕疵がある場合を除いてWEBサイトのデータ,データベースの破損,損失等によりWEBサイトの閲覧が不能となった場合、責任を負いかねます。

第61条 電子メールデータのバックアップについて

電子メールデータにつきましては利用者ご自身でバックアップを保管し運用するものとします。
弊社では電子メールデータの破損,損失等により電子メールデータの閲覧が不能となった場合、責任を負いかねます。

第62条 テンプレートデータの取扱いについて

テンプレートデータには配布元に著作権があり、テンプレート配布元の利用規約が適用されるものとします。
利用者は弊社と契約中及び契約解除後を問わずテンプレート配布元の利用規約を遵守するものとします。
なお、テンプレート配布元と利用者との間のトラブルに関しましては弊社は一切関知せず責任を負いません。

第63条 利用料金滞納時のWEBサイトの取扱いについて

WEBサイト保守サービスに於いて利用者が弊社のサービス及び外部サービスの利用料金を滞納した場合には、利用者が滞納している利用料金を全額支払うまでの間、弊社は利用者のWEBサイトを非表示又はメンテナンス中の旨の表示へ変更し、閲覧を制限又は契約解除できるものとします。

第64条 制作実績としての広告利用

弊社は弊社のWEBサイト制作サービスに於いて制作された利用者のWEBサイトについて、弊社の制作実績として弊社のWEBサイト上や顧客営業時の制作実績紹介として表示できるものとします。
また、利用者が制作実績としての表示を望まない場合には、弊社へ申し出る事により拒否できるものとします。

第65条 第三者への転売について

利用者は申込事項の変更の項に該当ぜず転売を希望する場合は、弊社のWEBサイト制作サービスに於いて制作したWEBサイトのデータを第三者に転売することができます。
ただし、テンプレートデータ等の弊社以外に著作権が存在するものについては、利用者の責任において転売先に著作権を遵守させるものとし、転売先がテンプレートデータ等の弊社以外の著作権を侵害した事に起因するトラブルに関しては弊社は一切の責任を負いません。
WEBサイト保守サービスについては、利用者がWEBサイトを第三者に転売した時点で解約とさせていただき、利用料に残債がある場合には即日全額完済するものとします。
ドメイン等については弊社は弊社所定の方法により利用者に引き渡すものとします。
弊社では利用者の転売先とは一切直接取引を行いませんので、第三者に転売される際は利用者が責任を持って弊社との解約手続きを行って下さい。
外部サービス等の契約につきましては、利用者がWEBサイトを第三者に転売した時点で解約とさせていただき、利用料に残債がある場合には即日全額完済するものとします。

第66条 外注制作について

弊社では制作作業の一部又は全部を外注業者に委託する場合があります。
利用者は弊社が制作作業の一部又は全部を外注業者に委託する事を事前承認するものとします。

第67条 個人情報等の取扱い

利用者の個人情報につきましては弊社のプライバシーポリシーに則り慎重に取扱います。

第68条 個人情報等の取扱いに関しての免責事項

利用者の個人情報につきましては弊社のプライバシーポリシーに則り慎重に取扱いますが、弊社の不可抗力により情報が漏洩してしまった場合につきましては、直接的・間接的如何なる損害に対しても免責とさせていただきます。
弊社の重大な過失により情報が漏洩してしまった場合は、制作代金を上限として利用者に損害賠償を行うものとしますが、それ以上の補償は一切行わないものとします。

第69条 ID,パスワードの管理責任

利用者は、弊社が利用者に対して発行したIDおよびパスワードについて管理責任を負い、万が一、これらを忘れた場合または盗用された場合などに発生するいかなる損害についても弊社は一切責任を負いません。また、この場合、利用者は速やかに弊社に届け出るものとします。なお、利用者はIDの再通知およびパスワードの再通知・変更が必要な場合は、弊社が定める方法により再発行の申請を行い、必要な場合、所定の手数料を支払うものとします。

第70条 サポート体制

当サービスに関するお問い合わせは、基本的に電子メールでの対応となります。ただし、当サービスと直接関係のない事象について(各種メールソフトの設定方法、WEBサイト作成方法等)のお問い合わせには通常、対応致しておりません。
利用者が本規約に違反をした場合、もしくは弊社サイトに記載している禁止事項が守れていなかった場合で、そのことに起因して(または関係して)問題・不具合が発生した場合、通常のサポート対応と異なる対応となることもあるが、利用者はその一切に異論を唱えることなく、それを受け入れるものとする。また、それらの問題・不具合の解決については、弊社でも任意に対応はおこなうが、利用者自身でも解決をはかるものとし、弊社にわずかでも時間が掛からないよう利用者側で配慮して、弊社側に解決・解明を求めることや、責任の追及・問題の指摘などをしないものとする。

第71条 サポート範囲

弊社では、利用者が弊社の各サービスをご利用になられる際に必要な設定情報を、テキストデータとして電子メール等により利用者に提供します。
パソコン,スマートフォン,各種アプリ,ソフトウェア,第三者のWEBサイトの操作方法等につきましてはサポート対象外とさせていただきます。

第72条 禁止事項

利用者が以下の禁止事項に該当する行為を行った場合、弊社は本サービス契約を何らの催告なくして解除することができます。その場合、弊社が既に受領した各種料金等その他の返還は一切行いません。また、それらの事由の発生により弊社は損害手数料を請求する場合もあります。また、WEBサイトの各種データは公開する以上、外部からアクセスを受けることになるので、利用者が直接手をくださなかった場合でも、サーバーに掛かる負荷については利用者が行ったことと同意とし、利用者が責任を負うものとします。
本サービス申込み及び利用に際して弊社に虚偽の内容の報告をした、またはその疑いがある場合
ID、パスワードを不正に使用した場合
ID、パスワードの管理不足等により弊社が損害を被った場合
第三者もしくは弊社の著作権、商標権等の知的財産権、プライバシー権、肖像権、その他の財産権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
第三者もしくは弊社を誹謗、中傷、差別する行為、虚偽情報の流布、その他不利益をもたらす行為、及び不利益をもたらす可能性が大いに考えられる行為、 並びにそれらの行為を実際にしていなくても、実行する旨を弊社に告知した場合
法律違反、または本規約のいずれかの条項に違反した場合
犯罪に結びつく、または結びつくおそれのある行為
ウィルス等の有害なコンピュータプログラム等を送信または掲載する行為
運用上の危機がともなうプログラムやデータの設置及び実行
サーバーのCPUプロセスに過度の負荷をかける使用をすること
サーバーの回線に過度の負荷をかける使用をすること
弊社サイトに記載している重要禁止事項を利用者が守らなかった場合
規約違反している事を弊社が利用者に警告したが、違反を利用者が認めず、対処する意思がないと弊社が判断した場合
弊社、他社及び他個人のサーバーに対する、いわゆるクラッキング行為
いわゆるアダルト(18禁サイト)もの、またはそれに類似すると弊社が判断した場合
その他弊社が本サービスの利用者として極めて不適当と判断した場合

第73条 虚偽の申込に対する対処

お申込みいただいた際の個人情報や申込内容等に虚偽の情報が含まれていると弊社が判断した場合は、お申込み不受理とさせていただきます。

第74条 暴力団等反社会的勢力との取引拒否

弊社は、暴力団排除条例に基づき暴力団、暴力団員、暴力団関係企業・団体又はこれらの密接交際者、及び過去に民事・行政問題等に関し違法な行為・不当な要求行為を行った履歴のある者など(以下「暴力団等反社会的勢力」)との取引を拒否します。
「暴力団等反社会的勢力」との関わりが認められた場合は、一切の契約の解除と損害賠償の請求をさせて頂きます。

第75条 通信利用の制限

弊社が契約している通信設備に過大な負担を生じさせ、他の利用者の権利に支障をきたした場合は、弊社は当該利用者のサービス利用を制限することができます。

第76条 情報の制限と削除

利用者が禁止行為を行った場合、弊社は利用者に通告することなく利用者のディスクエリアの情報を制限、又は削除できます。

第77条 申込事項の変更

利用者は住所、所在地、氏名、名称その他の申込事項に変更が生じた場合、速やかに通知をおこなうものとします。変更通知がないために発生する利用者の損害、弊社からの通知または書類その他のものが遅着、または到着しなかったことによる損害など、弊社は一切その責任を負わないものとします。
利用者に次の事項に該当する変更があった場合、利用者または利用者の業務に同一性・継続性がある場合に限り、登録名義の変更ができるものとします。
相続
法人の合併・分割・営業譲渡による新設法人、または別法人への変更
法人格を有しない社団または財団の代表者の変更
その他上記各号に準ずる変更
登録名義を変更する場合、各種設定方法の一切は前利用者から確認するものとし、弊社に確認を必要とした場合、別途、弊社が指定する料金を支払うものとします。

第78条 サービスの提供の中止

弊社は本サービスのサービス品目、諸条件、運用、その他の内容を変更・廃止することがあり、これらが弊社サイトで告知されている場合、利用者はこれを受け入れるものとする。弊社は予告期間の後に本サービスを停止することができます。ただし、本規約に違反している場合や、緊急でやむを得ない場合はこの限りではありません。弊社は以下の理由等によって、本サービスの提供を中止・廃止する場合があります。なお、その場合に発生する利用者の損害について一切弊社は責任を負いません。また、既に支払われた各種料金の返還もおこないません。
不定期または定期的な保守、点検を行う場合
火災、停電などによる不可抗力によるシステムの停止
地震、洪水などの天災によるシステムの停止
利用者が禁止事項を行った場合
弊社の運営者の死亡・意識喪失・失踪・疾病・その他諸事情
その他弊社が中止や廃止を必要とした場合

第79条 サービス全般の免責事項

利用者はデータの消失または毀損の事態に備え、本サービス利用継続中および契約終了後であっても利用者のデータは利用者自身が自己責任において必ずバックアップをとるものとします。万が一何らかの事由によりデータが消失または毀損した場合でも、その理由の如何にかかわらず弊社は一切責任を負いません。
本サービスの利用、遅滞、変更、中止および終了などにより発生した利用者の損害については間接、非間接を問わず、弊社は一切責任を負わないものとします。
弊社に事前に連絡のないシステム設備の保守または工事や、回線・機器の障害等、やむを得ない事由でシステムの運用を停止する場合は利用者への通知を省略できるものをします。
また、その場合に発生する利用者の損害について一切責任を負いません。
利用者が本サービスを通じて知り得る情報について弊社は正確性について一切保証いたしません。
万が一、本規約の各条項に該当の事項又は本規約の各条項に該当しない事態が発生し、弊社が利用者の損害について損害賠償を行う場合には利用者の弊社サービス利用金額を上限とするものとし、利用者はそれ以上の直接的・間接的な損害についての損害賠償は要求を行わないものとします。

第80条 サービスの更改

弊社サービスにつきましては、弊社は利用者に事前予告なくいつでも変更・修正・廃止ができるものとします。

第81条 事業の継承・譲渡・廃止

弊社の事業は諸々の事情により事前の予告なく事業の統廃合、譲渡、廃止を行う事があります。
利用者はこれらの事象を受け入れるものとし、これらの事象により発生した直接的・間接的な損害について、弊社に損害賠償を求めないものとします。
弊社が第三者に事業を譲渡する場合には、弊社と利用者との間の契約は終了とさせていただきます。
事業譲渡先に於いて弊社と利用者との間の契約条件が引き継がれるよう最善を尽くしますが、事業譲渡先での契約条件に付きましては弊社では一切保証致しかねます。
事業譲渡先と利用者との契約につきましては利用者ご自身で交渉を行い決定をするものとします。
事業譲渡のために利用者の必要最低限の情報を事業譲渡先に開示する場合があります。
弊社の運営者の死亡・意識喪失・失踪・疾病・その他諸事情により弊社と利用者との連絡が不能となった場合、弊社と利用者との契約は終了とさせていただきます。
この事により発生した直接的・間接的な損害については、利用者は弊社・弊社運営者及び弊社運営者の相続人に対して損害賠償請求を行わないものとします。

第82条 本規約の更改

本規約の内容については、弊社の裁量により事前連絡なくいつでも変更できるものとします。
利用規約の変更時には弊社のWEBサイト上に変更した旨を掲示します。
利用者は常にWEBサイト上の記載事項を確認するものとします。
利用規約は常に最新の利用規約が適用されるものとし、利用者はこの事を事前承認するものとします。

第83条 守秘義務

弊社は本規約の履行に際し知り得た契約者の情報を以下の場合を除き、第三者に漏らしません。
事前に当該利用者より許可を得た場合
自己の権利を侵害されたとする者から弊社あてに適法な発信者情報の開示の請求があった場合で、侵害されたことがあきらかであり、損害賠償請求を行うなど開示を受けるべき正当な理由がある場合[プロバイダ責任制限法より] 警察、警視庁、裁判所、検察による捜査協力等の義務が生じた場合
その他、弊社が復旧または保守作業等で必要と認めた場合
利用者は本規約の履行に際し知り得た弊社の情報をみだりに第三者に漏らす事を禁止とします。

第84条 問題の解決

本規約に定めのない事項について紛議が生じた場合、利用者と弊社は共に誠意を持って問題の解決に当たることとします。

第85条 準拠法

本規約及び弊社WEBサイトに於いては日本国の法律が適用されます。
日本国内の利用者又は日本国外の利用者であっても弊社WEBサイト及び弊社サービスを利用した時点で本規約が有効となり、日本国の法律が適用されます。

第86条 管轄裁判所

前条の合意にも関わらず、万一問題の解決を法廷に委ねる場合は、弊社の所在地を管轄する裁判所において、係争の解決を図るものとします。

施行

本規約は2010年 3月26日より施行されます。
改訂  2017年 7月 8日
改訂  2017年 10月 28日
以下余白